術後せん妄

術後せん妄が何かと話題になっていますね。
この事件の真偽はわかりませんが、なんだか、どちらにしても不幸な感じがしますね。

実は僕も術後せん妄の経験があります。

僕は足の骨折の時に一回しか全身麻酔を受けていないのですが、術後、看護師さんに「レントゲンはいりますか?」と聞かれて「勉強のために、欲しいです」と答えている記憶があるのです。しかも鮮明に覚えています。

しかし、このような会話はありませんでした。
だいたい、手術室から出るストレッチャーの上でそんな会話はしないですよね。その、場面も含めてすごくリアルに覚えているのです。

そして、これはせん妄とは違うのかもしれませんが、術後にある方から膝の痛みについて電話がかかってきました(ちなみに携帯OKの部屋でした)。そこで僕はなにやら答えたようなのですが、数時間後に全く覚えてなかったのです。電話がかかってきたことだけは覚えていたので、かけなおして僕がなんと言ったか確認したら、完璧に答えていました。我ながら、よく答えたものだと思いました。

相手の方に「僕、なんて答えてました?」と聞いた時はとてもびっくりされていました。

全身麻酔にはこのようなことも起こりうると思って受けないといけないですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック